「あなた」の心の中で生き続けたい

感じたこと経験したことを記録するための日々の記録です。

ドラフト会議2019

こんばんは

 

 

今日は待ちに待ったドラフト会議。

今シーズンは阪神の試合をいつも以上にテレビで見ていたので、来年度に向けた補強が始まる今日のドラフトを非常に楽しみにしていた。

 

去年の日ハムのドラフト結果を覚えているだろうか。

甲子園のスター選手を取りまくった、非常にロマンあふれるものだった。

その年は阪神の選手のほとんどが知らない大学生や社会人の選手だったので、とてもうらやましく思ったのを覚えている。

一点変わって今年の日ハムは社会人をドラ1で取ったりと即戦力重視だったように思われる。

 

結果から言うと、今年の阪神のドラフトは最高だった。

なぜなら、ドラフト1位から5位まで甲子園をわかせたスター選手たちを指名したからだ。

裏を返せば、即戦力を指名しなかった、すなわち、外国人やFA補強を除いて現有戦力で来シーズンも挑むということだ。

でも別に異議はない。

それほど今年のドラフトは納得がいくものだった。

 

まず、ドラ1の西純矢選手とドラ3の及川雅貴選手、高校生BIG4と呼ばれた選手のうちの2人を指名できたのは非常にお買い得だった。

普通なら競合になるか、他の球団に取られるかしてもおかしくなかったのに。

その時点でまぁ盛り上がったよね。

この2人がちゃんと育てば、阪神はすばらしい右と左の二枚看板を獲得したことになるだろう。

 

そしてドラ2。

実のところ、拙者としては、ドラ1で将来の大砲候補の石川昂弥選手を指名しても良いんじゃないかと思っていた。

なんせ阪神はホームランを打てる選手がいないから。

でもそこでドラフト1位で将来のエース候補として奥川恭伸選手を指名し、外しはしたものの、しっかり西選手を単独指名できた。

それがあったからこそ、2位で、甲子園優勝の立役者の井上広大選手という将来の大砲候補を指名することができたのだと思う。

 

また、現在の阪神の正捕手は梅野選手。

しかし、10代後半20代前半の若い捕手は阪神にはまだいなくて、梅野選手の後継者が必要だと言われていた。

大学生のしっかり育った捕手は獲得できなかったものの、これまたU18 の候補にも選ばれるような捕手をドラフト5位で指名することができた。

 

今年は将来のエース候補、大砲候補、正妻候補を指名した非常にロマンあふれるドラフト。

やはり高校生を指名するのはテンションが上がるなぁ。

 

それととても嬉しかったことがもう一つある。

拙者の出身校である、報徳学園からJR西日本にいった佐藤直樹選手がソフトバンクにドラフト1位で指名されたのだ。

しかも、1つ上の学年だし、中学も報徳だし、指名球団が育成の素晴らしいソフトバンクだし。

去年はカープに小園海斗が入団したおかげで、広島の人とのパイプができた。

今年は佐藤選手に頑張ってもらって、福岡の人とのパイプにしたい。

 

阪神に入団する予定の選手、そして佐藤選手にはすごく頑張ってほしいです!!

来年、いやいや長い目で見て3年後4年後が楽しみ。

 

 

それではまた明日。

 

 

 

 

 

 

 

約1年ぶりの剣道

こんばんは

 

 

今日は約1年ぶりに剣道のサークルに行った。

 

剣道をするのは去年の12月以来?

ずっとしたいと思っていたし、なんなら母校の稽古にも参加したいと思っていた。

でも防具は広島にあるし、実家に持って帰ったら大学のサークルには参加できないし、、、

そんなことを迷いながらも防具は広島においてある。

面と小手は床に鎮座させてあるので正直少しだけ邪魔だ。

 

 

 

前回剣道をしたときに、「こうありたい」という理想の姿を描きつつも、思い通りに体が動かなかったり、現役時代の悪い癖ばかりが出てきたりとすごくショックを受けていた。

剣道は大好きなので、イメージはすごく膨らむ。

それこそ後輩の応援にも行った。

暇なときはYou Tubeで剣道の動画も見る。

そこで自分の中で新たな発見もあったし、こうすれば強くなれたんやろうななんて考えることもあった。

指導者になれば大成すると思う。

特に今年のIHの男子団体準決勝 東洋大姫路九州学院の大将戦にはすごく影響を受けた。

その試合を見たことと後輩の応援に行ったこと、それと自分の現役時代の試合を見返したことで、自分に足りなかった部分が何なのか痛いほどわかった。

 

それを踏まえて今日の稽古。

体力がないことと思うように竹刀が振れなかったことを考慮すると上出来だった。

完璧ではないが、「一足一刀の間合い*1」での攻防が前よりもできたように感じる。

まだまだだが。。。

 

 

今日稽古をしたおかげで、サークルの場所取り係に任命され、おまけに足の裏には血豆ができた。

稽古不足は辛いけど否めないので、家で竹刀くらいは振る習慣をつけようと思う。

 

 

 それではまた明日。

 

*1:一歩踏み出せば相手を打突でき、一歩下がれば相手の打突を外すことのできる間合い

酒まつり2019

こんばんは

 

 

3日ぶりの投稿。

 

日本の首都が台風19号の被害を受けている中、日本の酒都では「酒まつり」が開催されていた。

台風の猛威によって命の危険を感じている人がいる一方で、お酒を飲んで気持ちよくなる祭りを楽しんでいる人がいるギャップを感じざるを得なかった。

 

でも、5月からこの日のために何度も会議を重ねてきた。

去年は台風のせいで2日間のうち1日しか開催されなかった酒まつり。

しかし、今年は台風がそれたおかげで去年の二の舞になることなく開催することができると知った時は素直に嬉しかった。

実行委員の皆さんの「今年こそは」という気持ちが強かったことは会議に参加してきたからわかる。

 

拙者を含めた幹部の仕事は、「わくわく広場」という子供向けの屋台の企画、景品のセレクト、ボランティアの募集、総括などなどであった。

幹部は2年生が3人、3年生が2人、4年生が2人の計7人だった。

ボランティアは主に拙者の所属する学部から募集されて、仕事内容としては、屋台のお手伝いである。

ボランティアに参加した学生は、2日目の夜に行われる打ち上げに参加できる。

打ち上げでは、酒まつりで余った普段飲まないような美味しい日本酒が飲めたり、その日本酒を使った美酒鍋が食べられたりするので、それを目的でボランティアに参加する学生も少なくない。

 

幹部は2年生からなので、初めて幹部として参加した酒まつりだった。

幹部をしたおかげで、「普段は話さないけど顔見知りの人」と話ができるような仲になれたり、「実行委員会で一緒だったけどあまり話さなかった”大人”」と、当日たくさん話をできたりと、普通のボランティアとして参加した去年よりも数倍楽しむことができた。

それは特に打ち上げの場でも実感して、「実行委員会の”大人”」とお酒を通してとても打ち解けることができた。

祭りの力とお酒の力を同時に感じた一日だった。

 

酒まつり幹部には、「2年生男子が打ち上げで潰れる」という通過儀礼があって、それもしっかりと達成できたので、これで胸張って幹部の仲間入りを果たせた気がした。

迷惑をかけた方ごめんなさい。

 

 

それではまた明日。

 

 

 

f:id:shinhashi:20191015231031j:image