「あなた」の心の中で生き続けたい

感じたこと経験したことを「あなた」に知ってもらうためのブログ。

1週間もすると心も身体も巡礼者 día9 〜サンティアゴ巡礼の記録〜

こんばんは


現在20時01分アルベルゲのリビング。
ご飯を食べて今からバルに行こうかなと悩んでいるところ。

今日はログローニョ〜ナヘラ(Logroño〜Nájera)

朝は7時前に起床。
昨日寝るの遅かったからね。
準備して朝ご飯。
今日は朝ご飯付きのアルベルゲだったので、アルベルゲにあるお腹に溜まりそうなものをいっぱい食べていく。
café con lecheは飲めなかったのでコーヒー牛乳で我慢。
マドレーヌが個包装であったので行動食として一つだけ持っていってアルベルゲを後にする。

アルベルゲを出る前に、同じとこに泊まってた上品なおばあさんに、「荷物を次の目的地まで車で送ってあげようか」と提案された。
たしかに荷物は重いけど、それも込みの巡礼だと思っているので断った。
でも乗せてもらったらよかったかなぁなんて思ったり思わなかったり。

ログローニョやパンプローナ(Pamplona)のような大きな街で都会の部分から田舎の部分に次第にシフトしていく道が、自分は結構好きやけど、やっぱり人気がなくなってくると少し味気なく感じてしまう。
道中の公園には白鳥がいて、山の方を歩いているとうさぎが走っている。
どちらも日本で暮らしていると野生で見ることはない動物たちで新鮮だった。

今日もとてもいい天気で、綺麗な青々とした空を白く汚すのは飛行機だけ。

何もない空であるが故なのだろうか。
ただ、今日の道はかなり退屈だった。
道路沿いの道を延々と歩いたので、景色も変わらず楽しみが少なかった。
歩くモチベーションが上がるのは、街が近い時と、景色が変わりそうな時。
例えば、大きな山に視界が遮られていて、山越えを果たして視界が開けたときとか。
それは毎日あるんやけど、今日は退屈な道が多かったので普段より強く感じた。

連れの足のけがが限界に近くなっているらしく、今日は別々で歩くことがあった。
いつもは2人の道中だが、今日は1人。
たぶんサンティアゴ巡礼を始めたばかりであれば1人で歩くようなことは絶対できなかっただろうが、歩き始めて1週間たった今となってはできる。
異国の何も知らない土地で1人で歩けるなんて、心まで巡礼者になれたようだ。
歩きながら考えたことは、これから訪れる節目の日のこととミルクボーイのネタのこと。

ミルクボーイのネタは1人で考えても楽しいもんやね。
ミルクボーイの湿布のネタがあるんやけど一回見てほしい。
軽くネタバレをすると、湿布は匂いの割に効果がないってこと。
実は今日湿布を外して1日を過ごした。
でも右膝が痛くないような歩き方と、膝を曲げないように意識することで今日はあんまり痛まなかった。
連れと休憩が相容れないって昨日書いたけど、それに関しては私が休憩の時も立って過ごすことで解消されました。

今日は久しぶりにアルベルゲで自炊をした。
今日の献立は親子丼。
卵が6つからしか売ってなかったので、卵は6つ使いと少しの贅沢。
鶏肉はその場で切ってもらったんやけど、意志の疎通が完璧ではなくて、めっちゃ薄くスライスされてしまった。
アルベルゲには他の巡礼者が置いていった調味料とか食材とかがある。
自分らが買い物する時はそれを頼みにしたうえで買い物をすることが多い。
今回も調味料が充実していたので砂糖くらい置いてるやろと思って食材を買いに行って、いざ調理しようってときに砂糖がないことに気づく。
連れは嘆いてたけどなくても美味しかったなぁ。

自分たちはサンティアゴデコンポステーラに行った後に、3日間かけてフィステーラ(Fisterra)という北大西洋に面しているところ、通称:世界の果て まで歩いて行こうとしてた。
でも、連れの足が限界でコンポステーラまで行けるかどうかもわからない、だからとりあえずコンポステーラまでゆっくりと行こうということになった。
フィステーラまで歩いて行こうと思うと、何日か無茶をしなければならない日ができるので、それはなくなった。
フィステーラまではその気になればバスでも行けるし、何より身体の方が大事やから。
そんな感じで軽く挫折を味わっていたときに、もう会えないかもと思っていた、昨日一緒に飲んだチームヨーロピアンと再会できたのでとても満足な私でした。

今日の歩数は49574歩。
サンティアゴデコンポステーラ(Santiago de Compostela)まで残り588キロ


それでは

お酒とタバコに国境はない día8 〜サンティアゴ巡礼の記録〜

こんばんは


今はアルベルゲのベッドの上。
最近気づいたけど、アルベルゲの二段ベッドはどこも天井が高くないから座るとどうしても前屈みになる。

今日はロスアルコス〜ログローニョ(Los Arcos 〜Logroño)

朝はいつもより早く6時過ぎに起床。
ここ2日間はどちらも20キロ程度と楽だったのに対し、今日は28キロと普段より2時間ほど時間がかかると思ったので早めに準備。
7時過ぎに出発してすぐにカフェテリアへ。
いつも通りcafé con lecheとピンチョスを注文するが、連れは昨日買ったパンに生ハムを挟んで食べる。
値段的には結局変わらんかなと思うので、私はこのスタイルを貫く。
そしてロスアルコスを後にする。

ちょっと歩いたらサンソル(Sansol)という街についた。
看板を見る限り、サンソルのアルベルゲでは足湯があるそうだ。
でもそういうとこはだいたいお高いので足湯なんか別になくてもいい。
本音を言うとちょっと欲しい…
そこから少し丘に登ったところですごく大きな街が見えた。

久しぶりに見た大きな街はおそらくログローニョ(Logroño)
パンプローナ(Pamplona)もかなり大きな街だったがそれよりもさらにさらに大きそう。
ログローニョは今日の目的地だったのでモチベーションが上がった。

途中でヴィアナ(Viana)という街を挟んだ。
この街もかなり大きな街で、日程と場所次第では全然泊まってもよかった。
すれ違う人の半分くらいがフランスパンを持ち歩いていて、やっぱり需要が高いんだと再認識した。
私も日本に帰ったら絶対にフランスパン中心の生活をしようと思っている。

ログローニョ(Logroño)は予想通りの大きな街。
大きな街は発展していてとてもありがたいけど、街に着いてからもアルベルゲまでたくさん歩かなければいけないのが難点。
私は歩き続けていると膝の痛みがましになるタイプなのだが、連れは休憩しないと足が痛いというタイプ。
相容れない。

アルベルゲに着いてからいつも通りシャワーを浴びて洗濯してBARへGO。
ログローニョはワインとタパス(おつまみ)が有名で、バーをはしごするのが楽しみ方らしい。
普段の生活であれば、どんなに飲みたくてもはしごしたりはしないが、今日はアルベルゲが寄付制ということだったのではしごすることにした。
今回のアルベルゲは本当に素晴らしく、夕飯と朝飯もついている。

アルベルゲに到着したのが15時で、二軒はしごして17時過ぎ。
19時半からミサでそのあと夕食の予定だったが、「今日は集会があるから夕食は作れないよごめんね」と言われたので、晩飯がてらもう一回バーの立ち並ぶ通りへ。
バーは17時に一回閉まって、19時からオープンするらしいので19時過ぎに行った。
さっき行きたかったけど閉まってたところも開き出したのでとても満足。
ピンチョスもビールも美味なり!
生きてるって感じ!
すぐ横の人が生ハムをお皿で頼んでいたので、次のお店でそれをしてみる。
生ハムをつつきながらワインを飲めてまじで幸せ!
そんなことを連れと語り合っていたときに、店の前を巡礼仲間3人が通った。
今日は彼らとは違うアルベルゲに泊まっていて、この偶然の巡り合わせをやすやすと見逃さないために、次の店で一緒に飲もうと誘った。
彼らは快くオッケーしてくれ、自分たちが飲み終わるのを待つためにその店で一杯ずつドリンクを注文してくれた。
3人は、イギリス人の23歳man(パティシエ)、ドイツ人の19歳girl(サンティアゴ巡礼3回目の猛者)、イタリア人の25歳man(ちゃんと喋ったことはなかったけどすごく気さくでいかつい人)
みんなヨーロッパなので英語で話をする。
将来英語の教師になりたい自分にとってはすごくいい練習だ。
来てよかった!会えてよかった!
お酒のコミュニケーションは素晴らしい。
お酒とタバコに国境と年齢はないね。

そのメンバーで2軒目に行く。
そこは巡礼者の間でも有名なバーらしく、その辺のバーより人がたくさんいた。
ログローニョのことを調べた感じでは、有名なバーは名物のタパス1種類と他のメニューはビールやワインといった感じらしい。
そしてその店の名物はマッシュルームをオリーブオイルで焼いたタパス。
自分はキノコ嫌いマンだけど、食べてみるとすごく美味。
ほんまに美味しい。
噛んだ瞬間汁が溢れてきて、ジューシーで最高!
お酒が進む。
タパスはマッシュルーム3つとちっっちゃいエビを串刺しにしてその下にフランスパンの切ったやつがあるんやけど、そのフランスパンも味が染みててめちゃうまい。
キノコの常識が変わるね。
まぁ、マッシュルームはもともと食べれるんやけどな。

アルベルゲは21時半に閉まるので、早めに解散。
最後に写真を撮って別れた。
彼らは明日ログローニョを観光してから歩き出すので、自分たちとはたぶんここでお別れ。
初めてこんなに仲良くなった巡礼仲間だったので少し寂しいけれど、またどっかで会えるよな!
観光した分は追いついてまたバーに行こうな!
と心から願う私であった。

今日の歩数は48250歩。
サンティアゴデコンポステーラ(Santiago de Compostela)まで残り617キロ。

それでは


素敵な出会いに感謝。

雨の日も風の日も día7 〜サンティアゴ巡礼の記録〜

こんにちは


ただいま17時16分、アルベルゲのリビングのソファの上。
今日はベッドの上ではWi-Fiが繋がらずリビングに落ち着いてる。

今日はエステーリャ〜ロスアルコス(Estella〜Los Arcos)

朝は7時ごろ起床でアルベルゲを出たのは8時前。
今日はアルベルゲの中で一番遅くに出たかも。
昨日買ったひょうたんに水を入れ、杖も忘れずにアルベルゲを後に。

歩き始めると杖の便利さに気づく。
昨日拾った杖よりも長いので使いやすい。
でもひょうたんは水を入れたのでかなり重い。
どちらも右手で持っているので上半身の右側だけ疲労が溜まる。
だから水はすぐに捨てた。

エステーリャを出るとイラチェ(Irache)という村に着く。
そこには誰もが憧れる蛇口からワインが出るワインの泉がある。


コップなどは置いていないのでひょうたんで飲んだ。
間違いなくワインだった。
ハムやチーズがあればなぁ。
でも美味なり。

雲行きが怪しいながらも、イラチェのキャンプ場のカフェテリアに行って朝食を。
カフェテリアのピンチョスはどこも美味しく、ハズレがない。
それに合うcafé con lecheも最高。
やめられん。
そんな時に雨が降ってきた。
巡礼を始めてから初の雨。
きちんと雨対策をしていたので問題はないと思っていたがやはり気分は盛り下がる。
雨の問題は休憩を取る場所が限られてしまうこと。
いつもみたいに丘の上でバックパックを下ろして腰掛けておにぎりを食べることができない。
屋根があって雨宿りできるところじゃないとね。
地面もぬかるんでいて滑りそうで怖いし、靴やレインウェアが汚れてしまう。

今日の道はほぼ野原で、天気が良ければいい道だっただろうなと思った。
本当にほとんど野原だったので、休憩は一度しか取れず、歩きっぱなしの立ちっぱなしだった。
ただ、5日間も歩いていれば慣れるもので、今日は起きた時に筋肉痛はなかったし、荷物を下さなくてもなんとかやっていけた。
膝の痛みはそこそこましになっている。
ただその理由が、杖をついていたからなのか、湿布を貼っていたからなのか、平坦な道が多かったからなのか、母の歩き方についてのアドバイスを聞いたからなのか、出発前にストレッチをしたからなのかわからない。
とりあえず明日は湿布なしで歩いてみようと思う。

アルベルゲに着いたのは14時前。
シャワーを浴びて軽く洗濯してバーに行った。
今日のアルベルゲはキッチンがないので、料理ができない。
だからスーパーで何か買ってレンジで温めて食べようということになった。
見つけ出したスーパーは、ロスアルコス(Los Arcos)唯一のスーパーだと言われた。
温めて食べれるようなものもなかったので、仕方なくフランスパンを買って食べた。
今日はお腹がすく前に寝てしまおうと思う。

この2日間はどちらも20キロ程度。
1日目と2日目からすれば随分甘え。
明日からの3日間は28キロとここ2日からすればしんどそう。
でもだいぶ巡礼者の体になってきた自分たちなら乗り越えられるかな?

今日の歩数は34401歩。(胸ポケットに入れてたからもしかしたらそんなに反応してないかも。)
サンティアゴデコンポステーラ(Santiago de Compostela)まで残り645キロ。

それでは。





と、ここまで書いた後に、連れに教会に行こうと誘われたので行ってきた。
そこはとても綺麗で荘厳な教会で、ちょうどミサがあったので、参加してきた。
自分はキリスト教でもないし、スペイン人でもないから全然理解はできないけど、巡礼5日目にして初めてカトリックの信者を目の当たりにした気がした。
問題はそのあと。
ロスアルコス唯一のスーパーとは別にスーパーがあって、しかもそっちの方が品揃えがいい。
それやったら無理してフランスパン食べんかったのに…
そう思いながら明日の行動食のバナナ2本と、めっちゃおいしいよ!と言われたオレンジを1つ買って帰ったのだった。