しんのblog

読書と楽しいこととお肉が好きな大学生です。キーワードは拙者とお寿司と男子校!毎日更新しています!

ヒトカゲはグラードンになれない。

こんばんは

 

 

今日は帰省してたときに友達とした話について書きます。

 

友達の相談から始まった話なんですけど、その友達はよく後輩からなめられる。

彼とは中学から6年間同じ部活で、中学生の時はぽっちゃりしていて、いじられキャラだったからでしょう。

後輩もやんちゃな子が多かったというか、生意気なやつが多かったので、彼は本当によくなめられてました。

 

大学に入って心機一転。

環境が変わった今では、彼は今年の代替わりをすると、そこそこ大事な役職に就くらしいです。

だから彼はもうなめられたくない。

剣道部の先輩で、厳しかったけど、人望があった、M先輩やT先輩のようになりたいと言っていました。

 

ふたりとも、厳しさと優しさを兼ね備えていて、拙者にとってもすごく憧れの先輩です。

言いたいことはすごく共感できます。

拙者は大学でも憧れている人、すげぇなと思う人はたくさんいます。

あんなふうに周りから求められる存在になりたいとか、あの人みたいなコミュ力がほしいとか。

特に「総代」をやっていたときは、劣等感を感じていました。

拙者が会った歴代の総代と自分を比較したときに、自分はちょっと違うかもと思ったことは結構ありました。

できることなら、その人たちみたいになりたかったと思ったりしました。

 

でもね、なれないんですよね。

ヒトカゲグラードンになれないんですよね。

f:id:shinhashi:20190921235637p:plain

ヒトカゲ

 

f:id:shinhashi:20190921235217p:plain

グラードン

 

どんなに憧れてもその人にはなれない。

ヒトカゲグラードンになれないように、拙者はM先輩にはなれないし、拙者は松本人志になれないんですよ。

逆もしかり、

グラードンヒトカゲになれなくて、T先輩も拙者にはなれないし、ドナルド・トランプも拙者にはなれない。

 

でも、ヒトカゲは進化するとリザードンになれます。

f:id:shinhashi:20190921235757p:plain

リザードン

かっこいいでしょ。

違うポケモンにはなれなくても、努力次第で進化できるんですよ。

人間もしかり。

T先輩にはなれないけど、自分は自分でも過去の自分と比較したときに、全然違う姿になれるんですよ。

中学生の時ぽっちゃりしていた彼は、今ではすっかり痩せています。

フォルムだけで言うと進化してますね。

 

過去を振り返ったときにいい意味で全然違う姿でありたいと思った拙者でした。

 

 

 

 

それではまた明日。

 

 

認知と影響

こんばんは

 

 

昨日の続きです。

shinhashi.hatenablog.com

 

弐.

認知と影響って何?ってなりますよね。

そらそうです適当につけたんで。

 

例えば、気圧の影響で頭が痛くなるとか、みかん食べたらお腹壊すとか、こんな感じの「〇〇したら△△の症状が出る」みたいなことってあるじゃないですか。

拙者はこれがめっちゃ嫌いで、この体調を崩す法則みたいなものはできるだけ認識しないようにしてるんですよ。

何でかと言うと、認識してるせいで、実際に体調を崩すような気がするからです。

 

先日「ちょうかんぼ」の話を少し書きました。

標準語の腹痛で表せるけど腹痛じゃなくて病気の一種というふうなことだったと思います。

拙者たち(島根県民ではない)は「ちょうかんぼ」にはかからないですよね。

知らないから。認識していないから。

でもこれは少しだけ話しがずれている気がします。。。

 

授業を受けてまさにこれだァァ!と思ったのは日本とアメリカの更年期障害の話。

日本の更年期障害はホルモンバランスの乱れから生じる不定愁訴

症状として、

  • いらいら
  • 耳鳴り
  • 肩こり
  • 不眠
  • 腰痛
  • 視力低下
  • 白髪
  • 倦怠感
  • 関節痛
  • 頭痛
  • 便秘

など。

10年以上続くこともあるそうです。

 

一方アメリカでの更年期障害に相当するものは「メノポーズ」と呼ばれます。

メノポーズは「ホットフラッシュ」と呼ばれる火照りと寝汗が続くらしいです。

続く時期としては2~3年?

 

 

拙者はこの話を聞いたときとてもおもしろいと思いました。

背景は同じようにホルモンバランスの崩れなのに、症状がぜんぜん違う。

これこそまさに認知が及ぼしている影響だと思いませんか?

 

 

 

今日はコンタクトが外れかけているのでこのへんで。

もし後で読み返して変な所があれば直そうと思います。。

 

 

それではまた明日。

 

 

 

 

 

 

 

明日は我が身②

こんばんは

 

 

 

今日も集中講義でした。

講義を受けていて考えたことについて書きます。

それは何度かブログで触れたことがあることです。

 

主に2つ

壱.他人事のことと、弐.認知と影響について二日間に渡って書いていきます。

 

 

今日の講義の内容は、ざっくり言うと不妊治療、代理出産、国家と生殖、病気とまあこんな感じです。

生老病死で言う、生と病の部分です。

 

15年後の35歳になった自分は、結婚していて、子供が1人か2人か、、、という風に拙者は思っています。

甘いですよね。でも、大学生では割と普通だと思います。

人生なんだかんだうまいこと行くと思っているんでしょうね。

 

まず、結婚について。

男性の2015年度の未婚率は23%。

すなはち4人に1人は結婚しないかできないわけです。

思ったより高いですよね。

拙者が結婚できるなんて保証はまったくないわけです。

 

次に、子供。

仮に結婚できたとして、拙者は子供がほしい、たぶん作ろうとするでしょう。

想像ではすぐにできそうな気がしますが。。。

しかし、現実では不妊治療をしている夫婦はかなりいるらしいです。

それは女性の社会進出による晩婚化からの晩産化などが原因です。

不妊治療が成功して生まれた子供は約50人に1人くらいいるそうです。

結構身近な話ですよね。

 

不妊かどうかは子作りをして初めて分かる問題です。

するまでは全くわからない。

だからもしかするとそういう体質なのかもしれない。

でも自分はそうじゃないと他人事のように思ってしまう拙者がいます。

 

 

人生うまくいくような気がしているけど、どんなトラブルが起こるかわかりません。

今日は他人事に聞こえる話でも明日には自分のことになっているかもしれません。

だからといってどうにかできる話ではないんですけどね。。。

 

 

それではまた明日。

弐.については明日書きまっす